「サラ金」って?どんなイメージを持つ?

キャッシングなどを行なう消費者金融のことを「サラ金」と呼ぶこともあります。しかし現在ではあまり使われることはなく、消費者金融業界にグレーゾーン金利が存在していたころの呼び名と言った方が正しいかもしれません。

サラリーマンなどを対象にした少額の貸し付けを行なっていたことから名づけられた名前で「サラ金」と聞くと恐ろしいイメージもあります。しかしそれは法律に違反した高金利の貸し付けを行なう「闇金」と混同されてしまっている部分もあります。法律が整備されグレーゾーン金利が撤廃されたあとは消費者金融も金利がそれまでよりも低く設定され、利用者にとっては貸し倒れリスクが少なくなったことで以前よりも利用しやすくなりました。

またグレーゾーン金利により本来支払う返済額よりも余分に支払いをしていた人が多くいたため、過払い金請求をする人も多くいました。現在では銀行各社も消費者金融と似た形で少額の融資を行なっており、仕組みだけで言えばかつての「サラ金」と大差がないとも言えます。

また最近ではサラリーマンや正社員に限らず、フリーターやパートの主婦など幅広い人に利用できるようになっているため「サラ金」という名前自体が過去のものになりつつあります。

今のサラ金は昔と違う

みなさんは「サラ金」というとどういうイメージおお持ちですか?「取り立てが怖い・・・」「法外な金利を請求される」など、マイナスなイメージを持っている人も多いかもしれませんね。もちろん、計画的に利用しなければデメリットやリスクも大きい「サラ金」ですが、今日は「サラ金」とは何かについて、今一度正確にご説明しようと思います。

そもそも、「サラ金」とはサラリーマン金融の略。その名のとおり、サラリーマンを対象に少額の融資を行う企業のことを指していました。(もちろんサラリーマン以外に主婦や学生への融資も行っていました)

サラ金がどうして怖いイメージがあるのかというと、それは「闇金」と混同されることからでしょう。サラ金という呼称が一般的に知れ渡るようになり始めた頃、今のような金利に関する法律はまだまだ整備されていなかったため、高額の利子をつけて貸付を行う闇金のことも、広くサラ金と呼ばれていました。

今では、イメージの悪い闇金との混同を防ぐためにサラ金のことは消費者金融と呼びますが、まだ当時の印象が抜けない人はサラ金と定義しています。そのような理由から、「怖い」という先入観を持っている人がほとんどなのですが、法律が整備されたいまでは、大げさに怯える必要はありません。

お金を借りる前に口コミなどを参考にしよう

これから消費者金融の利用を初めて検討する際に、気になる点も多いのではないでしょうか。消費者金融は現在では非常にクリーンなサービス展開をしており、安心して利用できるようになっています。

しかし実際に利用しないとイメージが掴めない方もいるでしょう。そのような場合は口コミサイトをチェックしてみる事をお勧めします。消費者金融の口コミサイトは、実際にその消費者金融を利用した人の意見を、利用前に知ることができるサービスです。初めて利用する場合は特に不安や疑問がありますが実際に利用した方の意見は非常に参考になるでしょう。

またサービス内容の比較や、信頼できる消費者金融なのかを口コミから探ってみることも可能です。様々なサービスを比較することによって、利用すべきサービスを絞り込むことができるでしょう。

消費者金融のキャッシングを安全に利用する上でも、口コミサイトは非常に参考になります。このように実際に利用している方の意見を参考にするのは非常にお勧めです。消費者金融の評判を知る事ができるので、選ぶ際にも非常に役立つのではないでしょうか。お金に困った場合は、安心して利用できる消費者金融のキャッシングやカードローンを活用してみましょう。